MENU

外食続きでも太らない方法は

普段外食やコンビニ弁当ばかりでダイエットできない…なんて方もいらっしゃいますよね。友達からのお誘い、接待など断れずに行って、食べて後悔する。外食続きでも太らない方法はないのでしょうか。

 

外食続きでも太らないためのポイントがいくつかあるのでご紹介しますね。まずは、「洋食や中華より和食を選ぶべし」です。和食は食物繊維が豊富でカロリーは控えめなため、ダイエットには効果的と言えます。海外でも和食はダイエット食、健康食として注目されています。

 

「丼もの・麺類単品より定食を選ぶべし」。丼ものだけ、麺類だけなどの単品になると栄養が偏ってしまいます。定食にして主菜、副菜、汁物、ご飯といったバランスの取れた定食を選ぶといいでしょう。単品を頼む時でも、サラダなどを一緒に注文するといいですね。

 

「揚げる→炒める→煮る→生→蒸す→網焼き→茹でる」この順番を覚えておくと、メニューを選ぶときの参考になります。最初の揚げる、炒めるなどは油や調味料をたくさん使うのでカロリーが高くなります。なるべく、煮る、生、蒸す、網焼き、茹でるなどの調理法を選ぶといいでしょう。

 

「麺類のスープや料理にかかっているソースなどは全部食べずに残す癖をつける」。スープやソースには油脂や塩分が多く含まれています。もったいないかもしれませんが、残す癖をつけましょう。

 

上記以外にも、外食するときのポイントはたくさんあります。ちょっとしたことがダイエットに繋がります。外食が続くときに思い出してくださいね。